スタッフの紹介
 
代表  井上正之
長年、日本の製造業と製造工程の環境問題を解決する仕事にかかわってきました。そうした中で「ものづくり」の楽しさを子どもたちに伝えたいと考え、「つくつくクラブ」を主宰しています。エンジニアをはじめ、工学系の職業についている多くの方が、自分の仕事の原体験は子どものころの工作だといっています。私は、工作の楽しさを伝えていくことが、子どもたちの興味を伸ばし、将来の豊かな生き方につながっていくことと信じています。
 工作教室を主宰していると、子どもたちの真剣なまなざしと笑顔が、私を後押ししてくれます。子どもたちといっしょに、何を作ったら楽しんでもらえるか、いつもそのことで頭がいっぱいです。自分の力で作りあげた喜びと自信を毎回持ち帰ってもらえたらと思っています。



スタッフ 松本 陽子
小さい頃から、旅をした時にはよく風景をスケッチしました。今も写真を用いた作品作りをしていて、ガラスや気泡、植物などを接写し、抽象的な世界を表現しています。
 子どもたちの「あ!いいこと考えた!」「ぼく・わたしならこうする!」の気持ちはとても大切です。たくさんのこだわりを持ち、養う場としてつくつくクラブがあるのだと思います。たくさんの発見をしながら、子どもたちのセンスを磨く一助になれたらと思っています。



スタッフ 田中 なつみ
暇さえあれば絵を描き、木片や粘土で遊ぶ子どもでした。美術大学の彫刻科を卒業し、表現することの楽しさを伝えられる教師を目指して、日々勉強しています。
 工作に夢中で取り組む子どもたちの発想力と可能性が、いつも私に勇気を与えてくれます。何よりも楽しむことを大切に、子どもたちと一緒に成長していきたいです。



スタッフ さとう みよ
つくつくクラブの先生と同時にアニメーター・イラストレーターとしても活動しています。子どもたちに寄り添い、子どもたちの気持ちに近づくことで、自分の作品も豊かになると感じています。
 まだ未熟ですが、こどもたちが成長していく中で、造形や工作を通して創造性や感受性を育んでいけるようなお手伝いをしたいと思っています。